ヨツバさがし

~Looking for a Clover~

0620:中国人女性と鰻重の話

今日の記事は先日の記事は「0617:電車で中国人女性に声をかけられた話の続きです。」電車で困っている中国人女性に声をかけられた僕はその女性と共に名古屋方面に向かうことになりました。

 

06月20日 火曜日

こんにちは、クローバーです。🍀

  1. 浜松駅について
  2. うどん屋さんへ
  3. 鰻重
  4. まとめ

1.浜松駅に着いて

さて、前回の記事で名古屋に行きたいらしい中国人女性に電車の乗り換えがわからないと言われた僕でしたが、実はその女性からどうして困ってるのか聞いてる途中で、僕が降りるべき駅は通過してしまいました…笑

彼女は英語で話し、僕はなんとか聞き取りながらの会話だったので時間がかかったのです。

そこで、名古屋駅まで付いて行くのは無理だけど、途中新幹線のある駅まで案内して、新幹線に乗せようと考え、とりあえず大きな駅として静岡県の浜松駅まで同行することにしました。

 

2.うどん屋へ

彼女の話を聞いてみると、中国からアメリカに留学していて、今度の9月から社会人になり、学生最後の旅行で来日したそうです。

しかし、それで登山中に脚を捻挫するとは可哀想に…

浜松駅に着いたのは18時すぎでした。一応、彼女にお腹すいてないかと確認したところ、新幹線に乗るお金もなかったからお昼ごはんを食べてないらしいです。

そこで、浜松駅にあるうどん屋さんへ行き、一緒に夕ごはんを食べることにしました。


3.鰻重

うどん屋さんにて、僕は月見うどんを注文し、彼女にもメニューを渡して、好きなもの頼んでいいよと英語で伝えました。

すると、意外にも彼女は鰻重を注文しました!(おそらくその店内で一番高いやつです!

少し驚き、うなぎ好きなの?と尋ねたら、写真が一番綺麗だったからと答えてくれました。

確かにうどん屋さんのメニューなので、鰻重意外は文字の表記だけで、日本語が読めないであろう彼女にはどんな食べ物かわからなかったのでしょう。(鰻重は写真がありました。)

 

4.まとめ

  • 前回の記事で紹介した中国人女性と浜松駅まで行きました。
  • 18時の時点で、彼女はお昼から何も食べておらず一緒に夕ごはんを食べることになりました。
  • 彼女はうどん屋さんで一番高い鰻重を注文しました。支払いは僕です。(笑)

鰻重を注文された時、一応見ず知らずの女性が相手だし、マジか…と思いましたが、理由を聞くとなるほど仕方ないなと思いました。

むしろこんなこと普段じゃありえないから面白い経験ができたと思います。

この記事にはまだまだ続きがあります。それはまた近日中に。

 

では。【0625.1225.】

この記事は約1125文字です。