ヨツバさがし

~Looking for a Clover~

0623:中国人女性と抹茶アイスの話

今日の記事は先日からの続きで、中国人女性と電車で出会った話の第三弾です。

電車で困っている中国人女性と出会い、浜松駅でうな重を食べてから僕らは新幹線に乗ろうと切符売場へ向かいました。

前回と前々回の記事

さて、これで中国人女性との記事は最後になります。

  1. 新幹線切符の購入
  2. 抹茶アイス
  3. 見送り
  4. まとめ

1.新幹線切符の購入

僕たちがうどん屋で夕食を済ませた時、時刻は19時30分頃でした。

中国人女性はここから名古屋まで普通列車で向かうつもりだったようですが、彼女は足を捻挫しています。また名古屋まで乗り換えもあるし、休日なので混雑も予想されます。大変そうだなと思い、新幹線に乗せてあげる事にしました。

彼女には駅の改札前で待っていてもらい、新幹線の切符売り場で名古屋までの特急券を購入しました。

一応、乗換がなく名古屋が終着のこだまを選びました。これなら、間違えて違う駅で降りる事も、降りれなくて名古屋以西に行ってしまう事もありません。

 

新幹線の切符には出発が20時30分頃と記載されてました。

その時、19時50分すぎだったので、怪我をした脚でもホームまでは余裕で間に合うし、あとは改札で待っていればいいかなと考えていました。その時、その中国人女性が意外な事を言い出しました…

 

2.抹茶アイス

" I want to have green tea ice. "と。

その中国人女性が「日本に来たからには抹茶アイスを食べたい」と言い出しました。

正直焦りました、あと30分と少しで新幹線が発車します。もうすでに指定席で特急券も購入済みです。この新幹線を逃したら特急券が使えなくなります…あと一応言っておきますが、僕はこの中国人女性の保護者でも彼氏でもありません。

電車で困っていたから助けてるだけで、うな重や抹茶アイスを御馳走することもないかなと思いました。

悩んだ末、浜松駅構内に和風カフェがあったので、入ってしまいました…orz

 

とりあえず、彼女に時間がない事を伝えなければと思い、

” There is no time. You have to eat the ice for quater minutes. "と言いました。

「時間がないから、15分で食え」と言ったつもりです。

 

今日、僕は昼間に静岡で用事があってお金を使っていました。さらに予定外に浜松駅まで電車代がかかり、2人分の夕食代を出し、名古屋までの特急券を購入しています。

和風カフェで初めて気が付きました、財布の中のお金がほほゼロでした!!

和風カフェの支払いはTOIKAのチャージ分でなんとかなりましたが、冷静に考えて浜松まで案内して、夕食にうな重を御馳走して、名古屋までの特急券を買い与えた段階で充分だったなとかえって反省しました。抹茶アイスを御馳走したのは甘やかしすぎでした。

 

3.見送り

和風カフェを出て、新幹線乗り場には出発時刻の5分前くらいに到着できました。

僕も入場券を購入して、荷物を指定席まで運び、見送り帰りました。

そして、コンビニにより浜松駅から帰るための電車代をATMで降ろしました。

その日の夜にFacebookを見たら、彼女は無事に名古屋に着けた様でした。

良かったです。

 

4.まとめ

  • うどん屋で夕食後に新幹線切符を購入した。
  • 乗換もなく終着が名古屋なので間違っても他の駅で降りる事はないようにした。
  • 新幹線発車時刻30分前に彼女が抹茶アイスを食べたいと言い出す。
  • 今日、ずいぶんお金を使っており、財布の残高がゼロになる。
  • 無事新幹線に乗せ、見送った。

記事中にも書きましたが、やはり抹茶アイスの件は自分も甘かったかなと思いました。

せっかく日本に観光に来て怪我をして予定変更して帰るのでは可哀想だと思いましたが、甘やかすのはどんな相手であってもよくないのかもしれません。

今後、気を付けようと思いました。

みなさんも困っている人がいたら助けてあげてほしいですが、必要な手助けと不必要な手助けの線引きは自分と相手のために必要だと思いました。

 

では。【0701.1540.】

この記事は約1701文字です。