ヨツバさがし

~Looking for a Clover~

0629:休日の過ごし方

みなさんは休日をどのように過ごしていますか?

そもそも週に休日が何日あるかによって変わってくるかもしれませんね。

休日とは身体を休める日だ!と考えてる人や、休日は平日にできないことをしよう!と考えている人、さまざまな人がいると思い、どちらも上手な休日の過ごし方だと思います。今日は僕の休日の過ごし方についてお話しします。

 

6月29日 木曜

こんにちは、クローバーです。🍀

  1. 週休について
  2. クローバーの休日の過ごし方
  3. 休日の落とし穴
  4. まとめ

1.クローバーの休日

僕の休日についてですが、今のお仕事は1日の勤務時間が少し長いです。12時間の二交代勤務なので、4日で40時間を超えます。

労基法では1週間に40時間を超える場合、残業扱いになります。そのため、僕の職場では、月曜から木曜の4日間が勤務日とされ、金土日の3日間がお休みとされています。

 

つまり、僕は一般的な週休2日制に比べると少しだけお休みが長いことになりますね。

このブログを読んでくれている方の中でも週休2日制が最も多いのではないでしょうか。また僕と逆で1日の勤務時間が短く、お休みが週に1日という方もいるのではないでしょうか。

 

みなさんの週休は何日くらいありますか?個人的には週休2日制が最も良いと思います。以前、週休1日や週休2日も経験している僕ですが、今の週休3日も含め、総合的に考えると週休2日が最も安定していると思います。

 

週休1日だと短いという印象が強いです。意外と休日はあっという間に過ぎ去ってしまいますよね。1日だと遠出をしてもその日の夜に疲れが溜まってしまい、翌週まで疲れを残してしまうことにもなりかねません。

そもそも最も良くないのが、休みが短いから何もする気が起きず身体を休めることに意識が向きすぎただ寝てるだけで休日が過ぎ去ってしまうこと。これは気分転換も上手くいきませんし、結局寝てるだけって身体的にも疲労が取れるわけではないんです。

睡眠時間は6時間から8時間程度がベスト、それ以下も以上もよくありません。

 

また週休3日だと平日の勤務時間が長いため、平日にできることがかなり限定されてしまう印象があります。例えば、僕の場合、外国語の勉強と体力作りにフィットネスクラブに通っているのですが、平日にその両方をこなすとなるとなかなか難しいです。特にフィットネスクラブは移動時間もあるため、仕事が終わり、フィットネスクラブに行き、帰宅して食事入浴を済ませると睡眠時間が少なくなってしまいますし、疲労感もあるため上手く行きません。

その分、平日にできなかった日課を週末の3日間にこなしている側面はあるのですが、暗記系の勉強に関しては集中して一度にやるよりなんとなくでも毎日の継続が実力になるため、今の生活スタイルは勉強にはあまり向いてない気がします。

 

やはり勤務時間は8時間、たまに残業がある程度、週休2日制が最良だと思います。

例えば、金曜日に仕事が終った後でもアフター5で飲みにも行けるし、ちょっとしたショッピングや映画なども行けます。土曜の朝をスッキリ迎えるために、週末の掃除洗濯をすることも可能でしょう。

そして、土曜日はいつもより少し朝寝坊をして、10時ころ起き、午前中の内に少しずつ身体を起こし、休日をスタートできますよね。

そうすれば、あとは土曜の午後から日曜を使い遠出もできますし、趣味に時間を使うこともできます。仮に土曜に遊び疲れてしまったとしても日曜で身体を休めることも可能です。

そして、日曜の午後は月曜に向けて、家事や仕事の準備をし、あとは疲労感を残さないように休日の最後を楽しむ。これが理想の週末ではないでしょうか。

 

2.クローバーの休日の過ごし方

さて、休日の理想と現実について少し語りました。

ここで、僕の休日の過ごし方を紹介しようと思います。週休3日を僕がどのようにすごしているかみなさんの休日の参考になれば幸いです。

 

僕は日勤と夜勤が週毎に替わる勤務形態で働いています。

そのため、日勤の週末と夜勤の週末で過ごし方も変えています。

そもそもそれぞれで休日の長さも変わります。日勤の週末は木曜19時から休日に入り、翌週が夜勤なので月曜19時までの96時間が週末休みです。夜勤の週末は金曜7時から休日に入り、翌週が日勤なので月曜7時までの72時間が週末休みです。

 

基本的には日勤週末にはヒッチハイクで遠出したり、友達と会う予定を入れるようにしています。夜勤週末は生活時間を整える意味もあるため、あまり疲れるようなことはしないように気を付けて身体を休めることを意識するようにしています。

隔週で休日の過ごし方に対する意識を変えていることもあるためか、今週はこれをやる、来週はこれをやろうなどと気分転換が上手くできている気がします。

 

3.休日の落とし穴

1週間ごとに予定を意識しながら週末を迎えるようにしているため、基本的には充実した休日を過ごし、気分転換ができた状態で月曜日を迎えることができていますが、予定を詰めすぎてしまい、夜更かしが過ぎ、生活リズムが崩れることが時々あります。

それが僕の悩みであり、休日の落とし穴です。

 

特に夜勤の週末はただでさえ、睡眠時間帯がズレている為、生活時間を整えるのに失敗すると、休日も昼間寝て、夜間に起きるという生活になってしまいます。

 

一応、金曜日に重要な予定を入れないようにして、金曜の内に睡眠時間を確保し、土曜と日曜に当てている重要な予定への悪影響を抑えることを対策として実行しています。

それでも夏になり、昼間が暑くなるとどうしても夜勤時の睡眠が浅くなり、生活時間を戻すのが大変なんですよね。。。

 

4.まとめ

  • 週休は1日の人もいれば、3日の人もいて、勤務時間に応じて異なる。
  • クローバーは自身の経験上で週休2日制が最も良いと考えている。
  • クローバーは日勤時と夜勤時で休日の過ごし方への意識を変えている。
  • 日勤週末は楽しむことを夜勤週末は休むことを意識している。
  • 夜勤時は生活時間を戻すのが大変である。

今回は少し適当な記事になってしまいましたが、コメント欄を通じてあなたの休日の過ごし方について教えてもらえると嬉しいです。

 

では。【0722.0620.】

この記事は約2507文字です。