ヨツバさがし

~Looking for a Clover~

0630:ゲームの実況動画が面白いよ。

最近、YouTubeでゲームの実況動画を観るようになりました。

僕は基本的にポケモンのゲームしかやらないので、観るのはポケモンの実況動画ですが、YouTubeを探すと様々なゲームの実況動画があるようですよ。

 

6月30日 金曜

こんにちは、クローバーです。🍀

  1. ゲームの実況動画とは
  2. ここが面白い
  3. 必要なもの
  4. まとめ

1.実況動画とは

主にニコニコ動画YouTube[1]などの動画投稿・共有サイト、ニコニコ生放送Ustreamなどのライブ配信ストリーミング)サイト、すなわちインターネット上の媒体において行われている。また、雑誌付録による配布[2]やイベント会場での実演[3]も行われている。欧米ではTwitch.tvが有名[4][5]

一例として、ニコニコ動画においては、実況プレイを行なうプレイヤーは200人以上[1]にのぼり、主要なジャンルの一つとなっている[6]

対象となるジャンルはRPGホラーゲームシューティングゲームなどジャンルを問わず、発売前に配信される体験版での実況プレイも盛んに行われている。

主な話の展開の仕方としては実況説明の他に、(キャラクターの声がない場合)台詞を読みながら演じるスタイルや、プレイをしながら雑談をするスタイル、AquesTalk棒読みちゃん、Voiceroidなどの音声合成ソフトを使った「ゆっくり実況」やキャラ付けを取り入れた音声合成実況などがある[7]

【引用元:実況プレイ - Wikipedia

 

ゲームの実況動画とは、ニコニコ動画YouTubeなどでゲームのプレイ状況を配信する行為のことのようです。またゲームに応じて配信主の音声や雑談を入れる場合もあるようです。

 

しかし、ゲーム会社から制作されたソフトを使用してのゲーム実況は著作権の侵害に抵触しています。実況動画の投稿増加に伴い、一部のゲーム会社は実況動画に対し黙認する姿勢を示しているようですが、投稿動画が悪質な場合は著作権違反として訴えられる危険もあるようです。

因みに、僕がよくプレイするポケモンについては、任天堂さんが悪質や不適切な動画でない場合に限り黙認する姿勢を示しているようです。(一応、ゲームの宣伝広告といった利点もあるためらしいです。)

 

2.ここが面白い

ゲームの実況動画を見ているとゲームを通じた雑談が面白かったりします。

ただただ無言のゲームプレイを観るのではなく、ゲームを楽しむ投稿者の生の感想が聞けるのは非常に面白い点だと思います。

人間は共感できることに喜びを感じやすいため、ゲームの状況に応じて視聴者が感じやすいことを投稿者が発言してくれることで視聴者も共感を得るという楽しさはあると考えられます。例えば、ポケモンのゲームなら、ピカチュウはかわいいよね、四天王に勝つのは難しいよねなどといった発言は共感が得やすいと考えられます。

 

僕もポケモンのゲームに限り、様々な投稿者のゲーム実況動画を見ていますが、僕がオススメする投稿者が2人います。こちらです。↓

www.youtube.com

www.youtube.com

mitsuさんとむーんさんです。

mitsuさんはバーチャルコンソールの赤緑版から最新のサン&ムーン版まで多くのバージョンを通じてポケモンの実況動画を投稿されてます。ストーリーを進めていく中で本人の雑談もあるためポケモンユーザーは動画を楽しめると思います。

むーんさんもバーチャルコンソール青版やムーンなどの実況動画を投稿されてます。むーんさんはゲームのキャラクターに応じて声色を変えてくれるので、語りに対する面白さがあります。

どちらもオススメなので、ポケモンのゲームで遊んだことのある方はぜひご覧ください。

 

3.ポケモン実況に必要なもの

さて、ゲーム実況をするにはいろいろと必要な機材があります。

ゲーム端末をカメラなどで直撮りして、それを投稿する方法もありますが、カメラのブレや映像の乱れも入りやすいためあまりオススメしていません。

(僕は現在この方法で撮影投稿をしていますが、正直観にくいです。。。)

 

僕がポケモンの実況に関心が深いため、任天堂さんのゲームを投稿する場合の話ですが、任天堂さんのゲーム端末はゲームの音声や映像を外部に出力することができません。そのため、改造する必要があります。

ここ、注意点です。改造する必要があります!

そうです、ゲームで再現した音声や映像をパソコンなどで表示、録画するために外部出力をする必要があるのですが、そのための改造が必要になります。(大事なことなので複数回かきました。)

改造はアマゾンなどで探すと委託してくれる方々がいるようです。

また外部出力を可能にする改造をした場合、任天堂さんからの保証は受けられなくなります。故障する可能性もあるためある程度の覚悟は必要のようです。

 

4.まとめ

  • ゲームの実況動画というジャンルが存在する。
  • ゲームの種類や動画の内容によっては著作権違反で問題になる場合もある。
  • ゲーム実況の面白さはゲーム内容に加え、投稿者の語りやトークによる所が大きいと考えられる。
  • クローバーがオススメする実況動画の投稿者にmitsuさんとむーんさんがいる。
  • 任天堂さんのゲームを実況するには、ゲーム端末を改造する必要がある。
  • ゲーム端末を改造すると保証対象から外れてしまう。

今は自分のパソコンもマイクも持っていないですし、僕の3DSは未改造なので、クローバー自身が実況動画を撮る準備はまるでできていませんが、いつか自分でも実況動画を撮ってみたいと思っております。

 

では。【0722.0740.】

この記事は約2274文字です。