ヨツバさがし

~Looking for a Clover~

0815:サマヨールと進化の輝石

最近、ポケットモンスター、サン&ムーンのストーリー攻略が一段落して、今はより強くバトルで勝てるポケモンを育てています。そこで、僕が使っているポケモン紹介をブログのネタにしようと考えました。

 

8月15日 火曜日

こんにちは、クローバーです。

  1. サマヨールと進化の輝石
  2. 技と戦術紹介
  3. 弱点
  4. 組み合わせ
  5. まとめ

1.サマヨールと進化の輝石

今日はゴーストタイプのサマヨールについて、僕の戦術を紹介します。

サマヨールとは、第三世代(ルビー&サファイア)から登場したゴーストタイプのポケモンです。画像はこちら➡

サマヨール

【引用元:サマヨール|ポケモンずかん|ポケモンだいすきクラブ

 

サマヨールの画像を見ると、フォルムがマヨネーズのボトルに似てると感じたので、僕は自分のサマヨールに「マヨネーズ」と名前を付けています。頭についてるニョロニョロがマヨネーズに見えました。w

 

僕がサマヨールを採用している最大のポイントはその耐久力です。サマヨールは防御力・特防力、共に非常に高いです。

タイプはゴーストのみなので、弱点がゴーストタイプあくタイプの2つのみです。

またゴーストタイプなので、ノーマルタイプかくとうタイプの技を無効化できます。2つのタイプの攻撃を受けないのは、バトルにおいて非常に有効です。

 

またサマヨールは進化することで、ヨノワールというポケモンになります。進化したヨノワールの方が防御力・特防力は高いのですが、そこで「進化の輝石」という道具が活躍します。

進化の輝石は進化できるのに進化していないポケモンに持たせる事で、防御と特防を1.5倍に高めてくれる道具です。実際にヨノワールに進化させるより、サマヨールに進化の輝石を持たせた方が耐久力は高くなるというわけです。

進化の輝石を持たせる戦術は、サマヨールの他に、ハピナスに進化するラッキーやポリゴンZに進化するポリゴン2が有名です。

 

サマヨールは耐久力が高い代わりに攻撃力・特攻力と言った突破力が低いです。

そのため、僕はサマヨールには攻撃させるのではなく、相手を状態異常にしたり、呪いをかけたり、じわじわと体力を削る戦術を与えています。

 

2.技と戦術紹介

そんな僕のサマヨールですが、使っている技も紹介します。

こちら➡

  • ナイトヘッド /ゴースト
  • おにび /ほのお
  • のろい /ゴースト
  • いたみわけ /ノーマル

ナイトヘッド

自分のレベル数値分の固定ダメージを与える技です。通信対戦やバトルツリーではレベル50で固定されるため、ダメージは50の固定になることが多いです。サマヨールは突破力が低いので、相手の耐久力などに左右されない固定ダメージのこの技を採用しています。ただし、相手がノーマルタイプの場合、無効化されてしまいます。

おにび

相手をやけど状態にする技です。やけど状態になると毎ターンダメージを受け、攻撃力も下がるので、相手の攻撃を下げ、相対的にこちらの防御力を上げる作戦です。

のろい

自分の最大HPの半分を減らすことで、毎ターン相手のHPを1/4ずつ減らす技です。自分のHPが大きく減るのは痛いですが、毎ターン相手にダメージを与えてくれるのは大きな利点です。

いたみわけ

相手と自分のHPを足して半分ずつお互いに分ける技です。のろいを使った直後にいたみわけして、HPを回復させるのが目的です。戦闘序盤に数回使うだけで終盤に使うことはありません。

 

僕はサマヨールを戦闘に出す場合、まずのろいをかけて、相手のHPを減らす作戦を始動させ、直後にいたみわけで、減らしたHPを回復させます。その後、ナイトヘッドで毎ターン50ダメージを与える戦い方をしています。相手の攻撃力が高く、こちらの弱点を突いてくる危険性がある場合、最初のターンにおにびを使います。

 

3.弱点

僕のサマヨールは耐久力に自信があり、大概の相手なら1撃で倒されることはないです。しかし、弱点を突かれると意外とHPが大きく削られます。早いときは2撃で沈むこともあります。

そこで、警戒すべきは弱点であるゴーストタイプあくタイプです。

相手が攻撃力で攻めてくるならおにびで攻撃力を下げられますが、特攻力で攻めてくる場合、耐久力を上げる対策が取れず、非常に脆いです。

 

代表例としてはゲンガーが怖いです。特攻が高くシャドーボールを使ってきます。

あとはおにびで対策が取れるとはいえ、あくタイプのかみくだくを採用しているポケモンが非常に多いため、かみくだくには警戒しています。

 

1年以上このサマヨールを使っていますが、耐久力が高く弱点を突かれたとしてもそもそも弱点の幅が狭く、対策が取りやすいため、サマヨールは非常に使いやすいポケモンだと考えています。

僕がポケモン紹介記事の1体目に採用しただけあり、サマヨールは僕が自信をもって戦闘に出せるポケモンです。

 

4.組み合わせ

さて、サマヨール単体での戦い方を紹介してきました。正直、1対1の戦いを挑まれたらサマヨールを出します。

でも、多くの場合、バトルは3対3です。さすがにサマヨールだけで相手のポケモン3体を抑えきることは難しいため、サマヨールと連携を取りやすいポケモンを2体選抜する必要があります。

 

そもそもサマヨールは弱点の少ないポケモンなので、どちらかというと弱点対策で他の二体を選ぶよりもサマヨールにない突破力(攻撃力や特攻力)を備えたポケモンを採用すべきだと考えています。

そして、サマヨール自体が無効化できる攻撃が2タイプもあるため、サマヨールの弱点を対策できるポケモンと組むのではなく、サマヨールが弱点を守ってやれるポケモンと組ませるようにしています。

 

かくとう技を無効化できるので、かくとうが弱点のノーマルタイプのポケモンを先鋒に出し、相手がかくとう技を使ってきそうだなと判断したら、サマヨールに交代して技を受け流し、おにびで相手の攻撃力を下げる戦術はよく使います。なので、ノーマルタイプで突破力のあるカビゴンポリゴンZと組ませると良いかもしれません。

 

またサマヨールはおにびで相手の攻撃力を激減させることができますが、特攻力を下げる手段はありません。そのため、組ませるポケモンは防御力より特防力の高いポケモンを採用すべきかもしれません。代表例だとニンフィアヤドキングなどが良いかもしれません。

 

5.まとめ

  • クローバーはサマヨールを使っている。
  • 戦術は耐久型で進化の輝石を持たせている。
  • 技はナイトヘッド・おにび・のろい・いたみわけ
  • 弱点はゴーストとあくタイプの2つ、弱点は少ない。
  • 組ませるなら、カビゴンニンフィアがおすすめ。

今回、記事にするためにサマヨールのことをいろいろ調べてみたら、カビゴンニンフィアと相性が良いことが改めてわかりました。今、僕が組ませているのは全然違うポケモンですが、カビゴンニンフィアを育ててみようかと計画中です。

 

では、ご覧いただきありがとうございました。✨

この記事は約2882字です。