ヨツバさがし

~Looking for a Clover~

0917:無賃労働について

9月17日 日曜日、こんにちは、クローバーです。🍀

 

今日は無賃労働についてお話しします。

関係性を伏せるため【僕の知人】という書き方で紹介しますが、僕の知人が無賃労働をしているようなのです。

 

その人は大学生でアルバイトをしているのですが、アルバイトのシフトに入っていない日でも無賃で出勤して働いているようなのです。

 

事実としてはこういうことです。

  • アルバイト先からシフト表が与えられている。
  • そのシフト表はその知人宅に置いてある。
  • 僕もそのシフト表を見ることができる。
  • シフト表で休日の日にも知人は働いている。
  • 給料を受け取らずに働いていることは確認済み。

みなさんはこのことについてどう思われますか?

  • 無賃労働はいけない!賃金は受け取るべき!!
  • 本人が納得しているなら問題ない。むしろ素晴らしいことだ。
  • 自分のことじゃないからどうでもいい。

 

本人はアルバイト先で人手が足りていないから助けるために無賃労働をしている認識らしいのです。つまり、アルバイト先の人(上司や店長など)も無賃労働を黙認している様なのです。

 

これは労働に対する考え方にも左右される問題かもしれませんが、僕は仕事を頑張るために働いているというよりかは、趣味や自分の時間を充実させる手段として賃金を得ることを目的に働いています。そのため、無賃労働は僕にとってはあり得ません

 

しかし、働く人の中には例えば営業の成績を獲得することがやる気に繋がり、さらに仕事をがんばるや、職場に尊敬する先輩や上司がいてその人の力になりたいからがんばるなどと働くこと事態が働く目的になっている方もいると思います。

 

労働に対する考え方は人それぞれなので、その全てを一辺倒に否定するわけではありませんが、無賃労働は問題について僕は否定的です。

 

その理由は、一人が無賃労働することで他の社員も無賃労働をする空気・雰囲気が生まれてしまうこと。これに尽きます。

個人的に言えば、自分の時間を不利益に利用されている様に感じ、それが不当労働になり得るという意見もありますが、自分の時間の使い方はその人の感性によるものなので本人が納得して通勤している場合、当てはまらないかもしれません。

 

できれば、本人を説得して、働いた分は対価として賃金を受け取るようにさせたいのですが、本人は人助けの延長だと考えているようです。本人がアルバイトを頑張る意欲が強すぎて起きている問題なため、非常に難しいですね。

 

本人が無賃労働に不満を感じているわけではないようですし、しばらく様子を見守ろうと考えています。

読者のみなさんはこの件についてどう感じますか?

ぜひご意見をコメント欄にてお聞かせください。

 

まとめ

  • アルバイトをしている大学生知人がいる。
  • アルバイトを頑張る意欲が非常に強いらしい。
  • アルバイト先は人手が足りていないらしい。
  • 月に複数回シフト外で無賃労働をしている。
  • 僕は無賃労働には否定的である。できれば止めたい。
  • 本人は納得して意欲的に働いている。

では、ご覧いただきありがとうございました。